クレジットカード申し込み.com
サイトマップ - カードの審査ついて

クレジットカードランキング |  自分で作る比較リスト |  ブックマーク追加
申し込みTOP > スキミング

スキミング犯罪について

クレジットカードの請求書を見て驚いた。覚えのない巨額の請求がそこには書き込まれていた。スキミングの被害に会ってしまったのである。
スキミングとは、他人のクレジットカードやキャッシュカードから『スキマー』と呼ばれる機械で、磁気記憶情報を読み出し複製する犯罪のことで、近年増加している犯罪のことである。

手口は様々で、クレジットカード取扱店の端末にスキマーを組み込み簡単に情報を吸い取る手口や、 ショッピングなどの支払いの際に店員が不正を行いクレジットカードの複製を行っていたケースもあった。

さらに現在では、カード自体に触れることなくクレジットカード情報を吸い取る非接触型のスキミング機材などの登場により、 満員電車や混雑している繁華街などであっさり磁気記憶情報を読み取り複製するケースもあるという。

スキミング被害にあってしまったら

クレジットカードには「盗難保険」などがあり、保険適用期間内に不正に使用されたものとして認められれば保険が適用・補填されますので、事前に約款をよく読み確認をしておく事が重要です。 ここで重要になってくるのが、被害に気が付くことです。常日頃から請求書など、利用履歴を自分の目でこまめに確認をする事を怠らないようにすることが大事ですね。

被害を未然に防ぐ

はじめに記載したとおり、クレジットカードを所持して歩いているだけでも磁気記憶情報を盗まれてしまうこの原状では、 100%スキミングの被害から逃れることは不可能に近いことがお分かり頂けたと思います。スキミングの被害を未然に防ぐ方法として一番なのが、 クレジットカードを持ち歩かず使用しないことですが、現代社会に生きている以上そうも行きません。 なるべくカードでの支払いを避け、現金での支払いを心がけるなど工夫が必要です。

特に、男性が利用する風俗店での支払いの際クレジットカードを使用し、後々スキミングの被害に気が付くケースが多いようなので、細心の注意が必要です。

最近では、クレジットカードのIC化が進んでいますが、現段階ではICカードの網をやぶりスキミングや盗難・紛失時の不正使用などは不可能であるとされていて、 不正を未然に防ぐ手段としてIC付きクレジットカードを持つことが最善の防衛策であるといわれています。

ICカード一覧