クレジットカード申し込み.com
サイトマップ - カードの審査ついて

クレジットカードランキング |  自分で作る比較リスト |  ブックマーク追加
申し込みTOP > クレジットカードの審査基準

クレジットカードの審査について

便利で使えるクレジットカードも審査に通過しなければ、使うことも持つこともできません。クレジットカードを申し込む前に最低限の事は確認して知っておきましょう。

申し込みブラック

個人信用情報機関には、クレジットカードの支払い状況などの情報が記録されていて、 支払いの遅延・未払いなどが記録されることをブラックリストに載ると言われています。
この個人信用情報機関には申し込み情報も記録されていて、 一度に2社以上まとめて申し込んでしまうと、安定した収入があり支払能力のある方でもたくさんのカードを作り資金を調達し借り逃げをするのではないか? と、不振に思われ審査に通過しない場合があります。
このことを一般的に「申し込みブラック」といい、審査に通過しない理由のひとつとしてあげられます。

記録された申し込み情報は6ヶ月間記録保存されその後自動的に消去されます。
このようなことから、余計なタイムロスを作らない為にも、クレジットカードの申し込みの際にはじっくりとクレジットカードを選び抜いてから、申し込みをする必要があるのです。

申し込み内容

クレジットカード申し込みの際、必要入力箇所の記入漏れや誤字脱字が原因で審査に通過しない例が多いようです。 支払能力もあり収入も安定しているにもかかわらず審査通過しなかったという方は、こちらを注意して再度申し込みしてみましょう。 申し込みの際はまず、あせらずゆっくりと記入箇所をしっかりと埋めていくことが大事です。

審査基準

クレジットカード各社に共通している審査基準として、年収・勤続年数・居住年数を重要視し、最低基準を設けているようです。

@:年収200万円以上 A:勤務年数1年以上 B:居住年数1年以上

他の金融機関から借り入れをしていて支払能力の限界に達していると判断された場合や、以前にクレジットカードで支払いの延滞(1ヶ月以上)などをしていると、 審査に通過する事ができない大きな要因になります。また3ヶ月以上延滞してしまうと、いわゆるブラックリストに載ることになり、 5年間クレジットカードなどを作ることができなくなります。

審査基準が厳しい順番としては、 銀行系 > 信販系 > 流通系 > 消費者金融系 となっていて、消費者金融系のクレジットカードは比較的審査が通りやすいようです。